禁煙外来の看板を掲げる病院で医師からニコレットを

社会的な風潮として喫煙者に対する風当たりは強くなっています。受動喫煙などのリスクが明らかになるに従って喫煙者の居場所はドンドンと失われています。この傾向は今後ますます強まっていくことが想定されており、喫煙者にとって禁煙は重要な選択肢の1つになって来ています。そんな喫煙者にとって強い味方となるのが禁煙外来等の看板を掲げている病院です。このような病院に相談をすることで、医師から有効な対処法を教えてもらうことができます。例えばニコチンガムであるニコレットを活用した禁煙のチャレンジも行われています。ニコレットはタバコを吸いたくなったときに活用する禁煙補助薬として知られており、病院だけではなく街のドラッグストアでも購入が可能です。
ニコレットは喫煙者が禁煙に失敗する原因として非常に大きな要因であるニコチン依存に伴うタバコへの依存を断ち切るための補助として活用するものです。タバコを吸うことによって得ることができるニコチンが喫煙衝動の原因であるため、ニコチンを摂取するための代わりの選択肢としてニコチンガムが用意されています。ニコチンガムは軽く噛んで口の中に置いておくことでタバコと同じようにニコチンを摂取することができます。このニコチンガムを活用してタバコを吸いたくなる衝動を上手にコントロールするのがニコレットの役割なのです。したがってニコレットは禁煙をするための万能薬ではありません。あくまでも禁煙をしたいと言う強い意志の下で、禁煙を行うための補助薬として活用するのが正しい使い方であると言えるでしょう。ニコレットを噛み続けているだけでは煙が出ないだけでタバコを吸っているのと変わりません。利用する前にはしっかりと指導受けることが推奨されます。

©2016 ニコレットで禁煙は本当にできるの?. All Rights Reserved.