煙草と同じ薬理作用を持つニコレットで

煙草をやめたいという人がしっかりとやめられるようにするためには必ずしも本人の努力だけでは足りないことがあります。禁煙への思いが強いことは最低条件であり、それがあることによって煙草を遠ざけていくことができるのは事実です。しかし、煙草に含まれているニコチンは依存症を起こしやすいという面があるため、もしそれが起こってしまっていたら周囲の協力も欠かせません。精神的依存であれば本人だけで克服するのが難しくても、周囲の協力があればそれに打ち勝って行くことができるでしょう。しかし、もしそれが難しい状況ならまずはニコレットでニコチン置換療法を行うのが最適です。ニコレットに含まれているニコチンは煙草に含まれているニコチンと薬理作用が全く同じであり、体内でドパミンを放出させる役割を果たします。それによって快感を引き起こすために依存症が生じやすいのがニコチンであり、そのニコチンを絶やしたくないという気持ちが禁煙をできなくしています。そのため、ニコチンの供給源としてニコレットを使用しながら禁煙をすることによってニコチンの薬理作用を受けながら煙草を遠ざけることができるようになります。そうすることによって、ニコチン依存症になっていたとしても禁煙を実現することができるでしょう。ニコレットはガムであることから、煙草をやめると口元が寂しいという人も紛らわせてしまうことができるため、一石二鳥の禁煙補助剤として人気が高いものです。これによってもし周囲の協力がしっかりと得られなかったとしても自分自身の力で禁煙を進めて行くことができるようになります。ニコチンが含まれていることによってそういった恩恵が得られるのがニコレットです。

©2016 ニコレットで禁煙は本当にできるの?. All Rights Reserved.