民間企業におけるニコレットの推奨について

健康を意識する現代社会において、喫煙習慣は改善すべき対象として認知されています。そのため民間企業の中には禁煙を重要なテーマに掲げて活動をしているケースも少なくありません。喫煙者の権利というものもあると考えられますが、現実的には自動喫煙による健康被害を防ぐために喫煙者の権利は大幅に制限するというのが一般的となっています。公共の場はもちろん一般企業においても敷地内禁煙は非常に当たり前のことになっています。
そのような一般企業の中には、喫煙者に対してニコレットを使用した禁煙対策を支援しているケースもあります。近年では病院において禁煙治療と呼ばれる喫煙習慣を改善するための活動が行われていますが、そこで使用されているものの中にニコレットは存在しています。このニコレットはいわゆるニコチンガムと呼ばれる種類のガムであり、タバコが吸いたくて我慢できなくなったときに使用することで、喫煙衝動を抑えることが期待されています。ニコチンガムにはニコチンが含まれているため、タバコの代わりになります。そのためタバコから離れるための手段として禁煙補助薬に指定されています。しかしニコチンが含まれている以上は体に害のある存在です。ニコレットなどのニコチンガムもいずれはやめていく必要があるものであるということを知っておかなければなりません。
このようなニコレットを使用した禁煙治療は病院の指導のもとで使用するのがお勧めできます。何か困ったことがあっても気軽に相談できる関係を作っていくことが自分との戦いでもある禁煙治療のためには大切なことであると言えるでしょう。ニコレットはこのような有効な道具ではありますが、治療薬ではありません。大切なのはやめたいと言う強い意志であることを忘れないようにしましょう。

©2016 ニコレットで禁煙は本当にできるの?. All Rights Reserved.