ニコレットガムの正しい噛みかた

ニコレットと言う名称を聞いたことがある人は少なくありません。禁煙補助剤として非常に有名な存在であり、ドラッグストアなどでも購入すrことが出来るのが特徴です。このニコレットはニコチンガムと呼ばれる種類のものであり、使用することによってニコチンを摂取することが出来ます。タバコなど喫煙によるものとは異なりますが、緩やかに体内にニコチンを取り込めることからニコチン依存でタバコを手放すことが難しい人にとっては助けになると言えるでしょう。
そんなニコレットですが、ニコチンガムという名称であるからと言って普通のチューイングガムの様に噛めば良いわけではありません。ニコレットの場合には多少噛んだらほおの内側にはりつけてそっとしておくのが基本です。そうすることでゆっくりとニコチンが吸収され、タバコを吸いたいという気持ちを抑えることが出来るのです。しかしこのニコレットには副作用が存在しており、唾液が多く分泌されるようになります。それくらいどうしたと感じる人もおいかもしれませんが、ニコチンガムを噛んでいる状態では唾液にニコチンが多量に混ざります。それを飲み込んでしまうと高確率でのどや胃を痛めてしまいます。そのため出てくる唾液は基本吐き出すことが推奨されています。
この副作用は思いの外厄介なものであり、ニコレットを継続使用できなくなるケースもあるほどです。そのためガムを置く場所について工夫すべきであると言えるでしょう。少なくとも唾液腺の近くには置かない方が良いのです。推奨される場所としては上唇の裏の辺りであると言えるでしょう。この場所であれば唾液に触れる可能性も低く、比較的快適であると言えます。この様な場所の工夫も大切になってきます。

©2016 ニコレットで禁煙は本当にできるの?. All Rights Reserved.